2016年09月17日

【高槻市】野良ねこの不妊去勢をお考えの方へ【助成金】

高槻市では、猫の不妊・去勢手術助成金制度があります。

助成金が出るのは年度内に1世帯1頭までと少ないですが、術後の申請ができ、市外の動物病院でもOKなど、
制度に寛容なところもありますので、条件が合う方はぜひご利用ください。

images.jpg

ちなみに高槻市ではのら猫の駆除に関する相談が寄せられても、保健衛生課による駆除は行っていないそうです。

安心して地域猫として生きていけるよう、猫好きな方は力を合わせてTNR活動を推進しましょう。


<手続き方法>
1)のら猫の去勢、避妊手術をする。
かならず耳カットをします。
(耳カットしない場合は「飼い猫」区分での申請となり減額されます。)
高槻市の病院、もしくは枚方市、茨木市、寝屋川市、摂津市、島本町の動物病院でもOKです。

tnr-300x61.png
捕獲→手術→同じ場所にリリース。

※Trap(捕獲)、Neuter(不妊手術)、Return(元の場所へ戻す)をすべて手配してもらえるのらねこさんの手術室があります。
メス8000円、オス4000円(2016.6.5〜)


2)申請書に必要事項を全て記入押印する。
申請用紙は保健所、市役所、支所、各行政サービスコーナー、一部公民館(今城塚、磐手、阿武山、南大冠)のほか、高槻市内の動物病院にあります。

3)証明欄に獣医師の証明を受ける。

4)高槻市保健所保健衛生課まで提出。
助成金の交付が決定した方にのみ、助成金交付に必要な書類を封書にて別途通知します。

5)振込
毎年5月上旬頃


野良猫は何頭か一緒に暮らしているので、年に1頭しか助成金では少ないかと思います。

ほかに手術費用助成として「どうぶつ基金(さくらねこ無料不妊手術)」がありますので、何頭か手術をお考えの方は、合わせて利用されると良いと思います。

☆くわしくはこちら
http://blog.seesaa.jp/cms/article/edit/input?id=442002614

どうしても困った時には、地域の団体に相談されると良いと思います。

☆高槻ねこの会
TNRや、困った餌のやり方の改善などなど、人と猫とが住みやすい環境になるためのお手伝いをされています。
http://neconoie.a-thera.jp/pages/user/iphone/article?article_id=3614552

posted by ニャン活 at 12:42| Comment(0) | 不妊・去勢手術助成金など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: